Kahori Maki Exhibition

~Sense of Wonder~

Kahori Maki Exhibition

Gulla Jonsdottir Atelier
~ Sense of Wonder ~


9/16-10/20 2018
Gulla Jonsdottir Atelier
633 La Peer Dr. West Hollywood, CA
Tuesday-Saturday 11am -6pm.



A Sense of wonder

As far back as I can remember, I was always drawing flowers. I cannot give you one specific reason but it may have something to do with my name. KAHORI means scent in Japanese.

Recently I have been spending time at an atelier in the foothills of mountains outside Tokyo. The energies emitted from the flowers and plants turn into vibrations so lively they become tangible to my body. I am drawn towards the organic form of plants as it is part of the origin of the universe. This “form", as well as the strong vitality of plants, creates a swelling urge in me to recreate these organisms in the form of art. The core of a flower has an especially curious power of attraction. While staring into it, it turns into splashing swirls, sucking in sceneries, revealing emotions-arousing every kind of fantasy.

The title “Sense of Wonder” is the foundation of this series which I began to draw in 2012. It also is an emblem of the sensitivity that I wanted to nurture through creating this art.

A single piece of drawing changes in shape and form, as it changes into a three-dimensional sculpture or a video projection. The amorphous change is the best part of the creative process for me. If my flowers remain somewhere in the heart of the viewer which slowly transforms, spilling seeds and one day bloom into a different flower, there is nothing more delightful than that.





Sense of Wonder

花を描く事はいつしか私のライフワークとなりました。
その理由ははっきりとはわかりませんが、私の名前がかほりであるように、生まれたときからそちらの方向に導かれていたのかもしれません。 最近は、東京から2時間あまりの山の中腹にあるアトリエで過ごす時間も気に入っています。
花や植物が発するエネルギーがバイブレーションとして身体に感じられるほどにぎやかで、季節を通して「祝福」のムードで満ちているからです。

私が植物の姿に惹かれるのは、宇宙が作り出した有機的なフォルムにあると思っています。
そのフォルム、また植物自体の強い生命力、うねりのような力に引き込まれ、描きうつしたいという衝動にかられるのです。
特に花の芯には不思議な吸引力があって、見つめているうちに、ぐるぐるとしぶきを上げまわりだし、風景を巻き込み、感情をあらわにし、あらゆるファンタジーを巻き起こしてくれます。

タイトルの"センスオブワンダー"神秘を感じる力"は、2012年に描き始めたこのシリーズの根幹となるものであり、私が制作を通して磨いていきたい感性でもあります。

1枚の絵が、立体になったり映像になったりとその形を変化させて行くことも私の制作の醍醐味でありますが、 描かれた花が、見てくださった方の心のどこかにのこり、少しづつ変化し、種をこぼし、また違う花を咲かせるきっかけになれば、こんなに嬉しいことはありません。